NHK「あさイチ」に放映された七輪を多数展示。その他 長谷川等伯「松林図屏風」図使用「松林図しちりん」はマルマンオリジナル七輪です。
能登特産切り出し七輪のマルマン工業株式会社は、石川県の中でも古い歴史を持つ能登、七尾の魅力、素晴らしさをお届けいたします。

マルマン工業株式会社

ホーム > 切り出し七輪について

切り出し七輪工程 3

手彫りの成型後は、800度の窯で約45時間焼成に入ります。見えない窯の中の様子を 火と語り合うことで感じ取り昼夜といわず1時間毎に薪入れをし、焼いていきます。その後 15時間程冷ましてからようやく窯出しをします。

2晩寝ないで 火の番をするあたりが 昔からの製法です。窯の中に入る量も限られるので 大量生産は できません。とても焼き付けは デリケートな作業です。この焼き付けで 珪藻土の中にある不純物が取り除かれ 練り七輪より空気の層ができ 断熱性の高い軽量な七輪になります。